今年で7回目となる
「福興福島!!大森弾丸ツアー」
何故、福島なのか?
弾丸ツアーの目的とは。。。
参加前に是非ご一読ください。

【目的】
2011年3月11日に日本列島を襲った東日本大震災は、
被災地を中心に多大な爪痕を残しました。
福島県においては原子力発電所の事故を起因として、
太平洋沿岸部の復興が遅々として進まない事実はもちろんのこと、
農業・畜産等の第一次産業は風評被害によるダメージが深刻化し、
未だ回復しておりません。
そこで我々飲食店有志は、
日頃よりお世話になっている福島県の日本酒の各蔵元とJA福島の協力の下、
福島県の日本酒・食材を応援し、
大森地域から発信するイベント
「大森弾丸ツアー」
を立ち上げました。
お客様には、当日大森の参加店を回っていただき、
福島県の日本酒と食材を楽しんでいただきます。
イベントは、福島県の復興を願うと同時に、
大森との絆を深めるべく継続し、
今年で7年目となります。
初年度の3店舗から徐々に賛同店も増し、
今年は15店舗の有志が集まりました。
【内容】
当日は、各参加店舗に福島県から蔵元を招き、
専用酒器にて日本酒1杯を500円で提供いたします。
日本酒の売上の全てを各蔵元に還元し、
地域活性に役立てていただきます。
(専用のオリジナル酒器は、
大森貝塚にちなみ、
貝をモチーフとしたデザインとなっております)
参加店舗は、福島県産食材などを使った料理を
1品500円で提供いたします。
さらに、
大森駅近くの多目的施設「ラズ大森」外のイベントスペースでは、
福島の食材を絡めた特別企画を開催いたします。

福興福島!!
大森弾丸ツアー 2017

詳細はこちら

大森弾丸ツアーの歴史

2011年
天晴!日本酒
大森弾丸ツアー



参加蔵15社×3店舗
提供杯数2,500杯以上!

2012年
福興福島
大森弾丸ツアー


参加蔵9社×9店舗
提供杯数4,309杯

2013年
福興福島
大森弾丸ツアー


参加蔵10社×10店舗
提供杯数6,336杯

2014年
福興福島
大森弾丸ツアー


参加蔵13社×13店舗
提供杯数7,021杯

2015年
福興福島
大森弾丸ツアー


参加蔵14社×14店舗
提供杯数8,785杯

2016年
福興福島
大森弾丸ツアー


参加蔵16社×16店舗
提供杯数8,908杯